白磁の白は、何者にも染まらぬ太陽の白

第404回例会

劇団民藝

作:長田育恵
演出:丹野郁弓

例会概要

公演日

2017年9月18日(月・祝) 15:00~
9月19日(火) 18:30~
9月20日(水) 13:30~
9月21日(木) 13:30~

会場

福島テルサFTホール

〒960-8101 福島県福島市上町4−25

あらすじ

美学者・柳宗悦(篠田三郎)は雑器として扱われていた朝鮮白磁の美しさに魅了され、予感に突き動かされるように1916(大正5)年初めて朝鮮に渡った。浅川伯教・巧兄弟や宿屋の女将・姜明珠(日色ともゑ)と知り合い、宗悦は朝鮮の美にのめりこんでいく。名もなきものの営み。文化を育む土。おおらかなユーモアと生命力……。そして、失われゆく民族文化のための美術館設立へ。しかし日本統治下の朝鮮では、宗悦の活動は統治政策の一環だと朝鮮人に誤解され、さらに朝鮮独立運動や関東大震災時の痛ましい事件が、人々の間に亀裂を深めていく。

様々な矛盾のなかから掴み取った一握りの確信が、やがて宗悦を日本での民藝運動の構想へと導いていく。

出演

柳宗悦………篠田三郎

柳兼子………中地美佐子

浅川巧………齊藤尊史

塚田幹二郎…竹内照夫

浅川伯教……塩田泰久

今村千枝子…石巻美香

今村武志……天津民生

南宮壁………神敏将

廉尚燮………本廣真吾

姜明珠………日色ともゑ

姜栄美………森田咲子

李一権………岩谷優志

斉藤実………高橋征郎

大鳥政利……山梨光國

沖縄特高警察下士官…平松敬綱

高補純………平野尚

ウメ…………船坂博子

少女…………神保有輝美

スタッフ

装置………勝野英雄

照明………前田照夫

衣裳………宮本宣子

効果………岩田直行

舞台監督…風間拓洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【柳橋物語出演】女優・今村文美さんお話会

    11月例会『柳橋物語』でおせん役を演じる今村文美さんに作品の魅力や、前進座についてお話しいただきま…

これからの例会

  1. 第417回例会前進座『柳橋物語』 原作:山本周五郎脚色:田島…
  2. 第418回例会加藤健一事務所『滝沢家の内乱』 脚本:吉永仁郎演出:加…
  3. 第419回例会劇団昴『アルジャーノンに花束を』 原作:ダニエル・キイ…
  4. 第420回例会劇団NLT『毒薬と老嬢』 原作:ジョセフ・ケッセルリン…

information

  1. 第417回例会前進座『柳橋物語』 原作:山本周五郎脚色:田島…
ページ上部へ戻る