例会紹介『ミュージカル O.G.』

「ミュージカルO.G.」は元宝塚の旺なつきさん、レ・ミゼラブル出演の阿知波悟美さんによるミュージカル。
各地の演劇鑑賞会から「楽しかった!」「年を重ねることの力強さ、美しさを感じた」「歌の場面は圧巻!」といった声が届いています。


物語

ここは新宿・歌舞伎町に残る、最後のキャバレー。

昭和の残り香ただようこのお店「キャバレーミラクル」もあと一週間で閉店することが決まっていた。

スター歌手を夢見て上京し38年。いまは、この店のシンガーとして歌い続けている2人の女性、スミ子(旺なつき)とカズエ(阿知波悟美)。

明日を夢見て、夢に敗れ、愛と幸せを求めながらも、ステージで生きる事を選んできた彼女たち。いま、場末の歌手人生が終わろうとしている。

そんな彼女たちに起こった『ミラクル』。それは・・・・?

出演

旺なつき・・・スミ子役

1977年の入団から8年間宝塚歌劇団で個性派の男役として活躍。退団後、ミュージカル、ストレートプレイを問わず数々の舞台で主演をつとめる。1993年舞台『コレットコラージュ』で文化庁芸術祭賞受賞。2014年、『マレーネ』で紀伊国屋演劇賞・個人賞受賞

代表作『ジュディ・ガーランド』『鬼平犯科帳』『女系家族』『桜の園』『劇場(汝の名は女優』『リオ王(女優版)』『ジェーン・エア』ほか多数

福島演劇鑑賞会では、 第333回『宴会泥棒』(2006年1月) 、第324回『花よりタンゴ』(2004年10月)


阿知波悟美・・・カズエ役

日本高学院専門学校卒業後、故賀原夏子主宰の劇団NLTに入団。幅広い役どころに持ち前の喜劇センスで多くの作品に出演。『レ・ミゼラブル』では1987年の初演より2011年までの24年間に渡ってテナルディエ夫人役で出演。2010年『キャンディード』で読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。

舞台『幸せの背くらべ』『姑は推理作家』『レ・ミゼラブル』『エリザベート』『ダンスオブヴァンパイア』『キャンディード』『思い出のカルテット』『ライオンのあとで』『佐賀のがばいばあちゃん』『毒薬と老嬢』ほか多数

福島演劇鑑賞会では、 第354回『佐賀のがばいばあちゃん』(2009年5月)


池田俊彦

池田俊彦・・・松尾役

劇団NLT付属俳優教室を経て、劇団NLTに入団。

舞台『毒薬と老嬢』『マカロニ金融』『バタフライはフリー』『佐賀のがばいばあちゃん』『姑は推理作家』『ペンキ塗りたて-残された肖像画-』など多数。今回の役は”はまり役”と評判。

福島演劇鑑賞会では、 第354回『佐賀のがばいばあちゃん』(2009年5月)、第306回『毒薬と老嬢』(2002年3月)

公演概要

公演日

2019年9月9日(月) 7:00、10日(火) 1:30

会場

とうほう・みんなの文化センター


<問い合わせ先>

福島演劇鑑賞会

福島県福島市置賜町8-30 カスタムビル2F
[開局時間] 平日 10:00~18:30 / 土 10:00~17:00 日・祝 休
℡ 024-523-3836  FAX 024-523-3838

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【柳橋物語出演】女優・今村文美さんお話会

    11月例会『柳橋物語』でおせん役を演じる今村文美さんに作品の魅力や、前進座についてお話しいただきま…

これからの例会

  1. 第417回例会前進座『柳橋物語』 原作:山本周五郎脚色:田島…
  2. 第418回例会加藤健一事務所『滝沢家の内乱』 脚本:吉永仁郎演出:加…
  3. 第419回例会劇団昴『アルジャーノンに花束を』 原作:ダニエル・キイ…
  4. 第420回例会劇団NLT『毒薬と老嬢』 原作:ジョセフ・ケッセルリン…

information

  1. 第417回例会前進座『柳橋物語』 原作:山本周五郎脚色:田島…
ページ上部へ戻る